キーワード検索

★ 個人購入が可能な商品です。
(商品により、障害者手帳をご提示いただく場合がございます)

DAISY版は読書困難者用の録音図書です。晴眼者(一般の方)のご購入はできませんのでご了承ください。

音訳J通信(メールマガジン)

毎月一回、新刊案内をお送りしています。ぜひご利用ください。
登録される方はe-mailを入力
解除する方はe-mailを入力
[変更]
旧e-mailアドレスを入力

新e-mailアドレスを入力

Jの録音図書 「ぼんくら(DAISY版)」

ぼんくら

ぼんくら(ぼんくら)

宮部 みゆき

太助は殺されたっていうんだ」と、久兵衛が言った。台所の向こうの座敷の行灯の明かりを背負い、その顔は真っ暗だった。息を呑んでお徳がお露をのぞきこむと、彼女はゆっくりと、焦点の定まらない目を土間の上に泳がせたまま、操られるようにしてうなずいた。「兄さんは殺されたんです」「誰が殺したっていうの」「殺し屋が」と、お露は言った。教えこまれた言葉をそらんじるような一本調子の口調だった。「殺し屋が来て、兄さんを殺してしまったんです」そうして、ぶるぶると震え始めた。開いたままのお露の目から涙がぼとぼとこぼれ落ちるのを、お徳は呆然(ぼうぜん)と見つめていた。(本書「殺し屋」より抜粋)江戸下町の長屋に起きた殺人事件。その事件をきっかけに、長屋から、一人、また一人と住人が消えていく。連続する事件の裏に何があるのか・・・連作短編集かと思いきや、それが伏線となり、いつのまにか謎解きの長編へといざなわれています。宮部ファンお待ちかねの直木賞受賞後第一作は、個性的な登場人物が魅力の、長編時代ミステリー。「宮部みゆきにハズレなし」待たされただけのことはある、当たりの一冊。[収録時間:15時間14分]

[ID]1373(DAISY版) [音訳者]林理絵子 [出版社]講談社

※図書館等施設の方で価格をご覧になりたい場合は こちら からログインしてください。