キーワード検索

★ 個人購入が可能な商品です。
(商品により、障害者手帳をご提示いただく場合がございます)

DAISY版は読書困難者用の録音図書です。晴眼者(一般の方)のご購入はできませんのでご了承ください。

音訳J通信(メールマガジン)

毎月一回、新刊案内をお送りしています。ぜひご利用ください。
登録される方はe-mailを入力
解除する方はe-mailを入力
[変更]
旧e-mailアドレスを入力

新e-mailアドレスを入力

Jの録音図書 「来春まで お鳥見女房(DAISY版)」

来春まで お鳥見女房

来春まで お鳥見女房(らいしゅんまで おとりみにょうぼう)

諸田 玲子

矢島家は、このところおめでたつづきだ。君江が4月に初子を出産、夏には恵以が懐妊、 そして、身内のように親しくしている石塚家の長女、里の祝言がとりおこなわれたばかり。 しかし、矢島家の次男久之助の妻女、綾は昨年流産していた。 その綾に悩みがあるらしいと気がついたのは珠世である。 綾はこの二ヶ月ほど、夫久之助の様子がおかしいと感じていた。 ある日、道場にいるはずの夫を訪ねていったのだが、そこでは会うことは出来なかった。 居場所を教えてもらい、そこへ向かったとたん、やや子を抱いた女と一緒にいる夫を見つけてしまったのである 久之助と綾との関係を珠世はどうやって修復するのか・・・(女ごころ) ほか六編からなる、連作短編集。珠世につぎつぎに持ち込まれる難題やいかに![収録時間:8時間33分]

[ID]1837(DAISY版) [音訳者]小澤 美砂子 [出版社]新潮社

※図書館等施設の方で価格をご覧になりたい場合は こちら からログインしてください。