キーワード検索

★ 個人購入が可能な商品です。
(商品により、障害者手帳をご提示いただく場合がございます)

DAISY版は読書困難者用の録音図書です。晴眼者(一般の方)のご購入はできませんのでご了承ください。

音訳J通信(メールマガジン)

毎月一回、新刊案内をお送りしています。ぜひご利用ください。
登録される方はe-mailを入力
解除する方はe-mailを入力
[変更]
旧e-mailアドレスを入力

新e-mailアドレスを入力

Jの録音図書 「黒書院の六兵衛 上(DAISY版)」

黒書院の六兵衛 上

黒書院の六兵衛 上(くろしょいんのろくべえ)

浅田 次郎

二百六十余年続いた江戸幕府が崩壊。大政奉還後、江戸城無血開城が決まる。 城明け渡しに先んずる官軍の俄隊長(にわかたいちょう)を命ぜられた 若き尾張藩士・加倉井隼人(かくらいはやと)は、西の丸御殿の中に 「的矢六兵衛」なる御書院番士(ごしょいんばんし)が無言の座り込みを続けていることを知る。 勝海舟ら幕臣たちの懸命の説得にも頑として動く気配がない。 そもそも誰一人としてその顔に見覚えのない「的矢六兵衛(まとやろくべえ)」とは一体何者なのか? ~天朝様が江戸城に入る前に些細な悶着も起こすことなく立ち退かせよ「この懸念を解決せねば下城かなわず」~ との無理難題。調査を進めるにつれますます謎は深まるばかり。隼人の苦悩が始まる…。[収録時間:10時間20分]

[ID]1848(DAISY版) [音訳者]粕谷 智子 [出版社]日本経済新聞出版社

※図書館等施設の方で価格をご覧になりたい場合は こちら からログインしてください。