キーワード検索

★ 個人購入が可能な商品です。
(商品により、障害者手帳をご提示いただく場合がございます)

DAISY版は読書困難者用の録音図書です。晴眼者(一般の方)のご購入はできませんのでご了承ください。

音訳J通信(メールマガジン)

毎月一回、新刊案内をお送りしています。ぜひご利用ください。
登録される方はe-mailを入力
解除する方はe-mailを入力
[変更]
旧e-mailアドレスを入力

新e-mailアドレスを入力

Jの録音図書 「希望荘(DAISY版)」

希望荘

希望荘(きぼうそう)

宮部みゆき

探偵・杉村三郎シリーズ、待望の第4弾!
 その部屋には、絶望が住んでいた――。  宮部ファン待望の14か月ぶりの現代ミステリー。 特に人気の「杉村三郎シリーズ」の第4弾です。  本作品は、前作『ペテロの葬列』で、妻の不倫が原因で離婚をし、 義父が経営する今多コンツェルンの仕事をも失った杉村三郎の「その後」を描きます。
 失意の杉村は私立探偵として生きる決意をし、探偵事務所を開業。 ある日、亡き父・武藤寛二が生前に残した「昔、人を殺した」という告白の真偽を調査してほしいという依頼が舞い込む。 依頼人の相沢幸司によれば、父は母の不倫による離婚後、息子と再会するまで30年の空白があった。 果たして、武藤は人殺しだったのか。35年前の殺人事件の関係者を調べていくと、 昨年に起きた女性殺人事件を解決するカギが……!?(表題作「希望荘」)
 表題作の他に、「聖域」「砂男」「二重身(ドッペルゲンガー)」の4編を収録。(小学館HPより)[収録時間:14時間42分]

[ID]1906(DAISY版) [音訳者]山下 克枝 [出版社]小学館

※図書館等施設の方で価格をご覧になりたい場合は こちら からログインしてください。