キーワード検索

★ 個人購入が可能な商品です。
(商品により、障害者手帳をご提示いただく場合がございます)

DAISY版は読書困難者用の録音図書です。晴眼者(一般の方)のご購入はできませんのでご了承ください。

音訳J通信(メールマガジン)

毎月一回、新刊案内をお送りしています。ぜひご利用ください。
登録される方はe-mailを入力
解除する方はe-mailを入力
[変更]
旧e-mailアドレスを入力

新e-mailアドレスを入力

Jの録音図書 「脊梁山脈(CD版)」

脊梁山脈

脊梁山脈(せきりょうさんみゃく)

乙川 優三郎

15年前、矢田部信幸は上海からの復員船が着港した佐世保で小椋康造と知り合った。 列車の中で体調不良に陥った矢田部を助けてくれた恩人である。ちゃんとお礼が言いたいと、小椋を探すうちに彼が木地師だとわかる。 木地師とは、ろくろを回して、木で椀(わん)や盆、こけしなどを作る古代からの職人だ。 木工に魅せられ、その源流とこの国のなりたち、暮らしのありようを辿ってゆく信幸。 それは、戦争で失ってしまった生の実感を取り戻す旅でもあった。 旅の途中で出会う、二人の女性。 信幸は対照的な二人に惹かれていく。著者初の現代小説。[収録時間:14時間54分]

第40回大佛次郎賞

[ID]4833(CD版) [音訳者]粕谷智子 [出版社]新潮社

※図書館等施設の方で価格をご覧になりたい場合は こちら からログインしてください。