キーワード検索

★ 個人購入が可能な商品です。
(商品により、障害者手帳をご提示いただく場合がございます)

DAISY版は読書困難者用の録音図書です。晴眼者(一般の方)のご購入はできませんのでご了承ください。

音訳J通信(メールマガジン)

毎月一回、新刊案内をお送りしています。ぜひご利用ください。
登録される方はe-mailを入力
解除する方はe-mailを入力
[変更]
旧e-mailアドレスを入力

新e-mailアドレスを入力

Jの録音図書 「等伯〈下〉(CD版)」

等伯〈下〉

等伯〈下〉(とうはく げ)

安部 龍太郎

信長の時代が終わり、豊臣家の天下となっていた。 信長軍の追跡から解放された信春は、かつて世話になった浮橋の女将、玉尾と偶然再会した。 玉尾から、扇屋を任せられ、繁盛させていた、そんな中、狩野松栄が前触れもなしにふらりと訪ねてきた。 松栄は、秀吉から信用されていない息子永徳を心配し、狩野派に依頼された聚楽第(じゅらくだい) の襖絵製作の協力を信春に依頼する。 協力を承諾したものの、永徳は信春を絵屋と蔑み、暴言を吐いた。そこで、信春は絵の対決を申し出る。 画題は山水花鳥図の中の梅に小禽図(しょうきんず)。その勝負の行方はいかに。 狩野派と長谷川派の対立、次々と襲う悲劇を乗り越え、松林図屏風を完成するに至るまでの、等伯の人生とは・・・。[収録時間:12時間55分]

第148回直木賞

[ID]4838(CD版) [音訳者]角田 明義 [出版社]日本経済新聞出版社

※図書館等施設の方で価格をご覧になりたい場合は こちら からログインしてください。