キーワード検索

★ 個人購入が可能な商品です。
(商品により、障害者手帳をご提示いただく場合がございます)

DAISY版は読書困難者用の録音図書です。晴眼者(一般の方)のご購入はできませんのでご了承ください。

音訳J通信(メールマガジン)

毎月一回、新刊案内をお送りしています。ぜひご利用ください。
登録される方はe-mailを入力
解除する方はe-mailを入力
[変更]
旧e-mailアドレスを入力

新e-mailアドレスを入力

Jの録音図書 「魂手形 三島屋変調百物語七之続(DAISY版)」

魂手形 三島屋変調百物語七之続

魂手形 三島屋変調百物語七之続(たまてがた みしまやへんちょうひゃくものがたり ななのつづき)

宮部 みゆき

江戸は神田の袋物屋・三島屋で行われている風変わりな百物語。
「語って語り捨て、聞いて聞き捨て」が原則だが、従妹のおちかから聞き手を引き継いだ富次郎は、 聞き終えた話を墨絵に描き封じ込めることで聞き捨てとしていた。
美丈夫の勤番武士が語る、摩訶不思議な力であらゆる火災を制す神器の真実「火焔太鼓」。 富次郎馴染みの団子屋の娘が打ち明けた、一途な愛が引き起こした悲しき事件「一途の念」。
木賃宿に泊まったお化けの復讐譚「魂手形」。
三人の語り手の物語と、三島屋に届いた慶事の報せをきっかけに、富次郎は自らの行く末に思いを巡らせていく――。

  • [ID]1982(DAISY版)
  • [音訳者]吉岡 三貴子
  • [出版社]KADOKAWA
  • [収録時間]8時間35分
  • [発売年月]2022/01

※図書館等施設の方で価格をご覧になりたい場合は こちら からログインしてください。